TOP > iPhoneの熱を冷ますための対処法

iPhoneの熱を冷ますための対処法

iPhoneは、発熱が止まらなくなってしまう現象があります。


その場合、故障しているわけではなく、システムが何かの原因でループ状態に陥ってしまい、CPUが処理のためにフル稼働してしまうため、放電が追い付かなくなり、熱くなってしまいます。iPhoneが熱くなると、対処しなければ充電が停止したり、ディスプレイが真っ暗になって、電源が落ちて起動しなくなる。
カメラのフラッシュが一時的に無効になる、低電力モードに入るなどの症状が起こります。

iPhoneが熱くなってしまった場合の対処法として、冷蔵庫に入れたりして無理やり冷やそうとすると、突然冷やすことで、内部で結露が発生する可能性があり、故障の原因となってしまいます。



正しい方法で冷やすことが大切です。

まず、バックグラウンドで使用しているアプリをすべて消去すると、CPUの処理を停止させて冷やせます。



また、再起動も一旦再起動することと、CPUをリセットさせることが出来るため、熱を収めることが出来ます。

なるべく早く冷やしたいという場合には、冷房の冷たい風の前に置くことで、ゆっくりと冷やすと、結露が発生しません。


熱伝導率の高い金属につけることも、熱が分散されることで、放熱の速度を早くすることができます。



iPhoneカバーの中には、熱を逃がす効果を備えているものもあるため、そういったものを使うと安心です。

最後に、これまで挙げてきた対策をしても熱が収まらない場合には、大変危険な状態のため、すぐにアップルストアーに持っていくか、オンラインサポートへ連絡する必要があります。

Copyright (C) 2016 iPhoneの熱を冷ますための対処法 All Rights Reserved.